maido3:

Facebook
【実施例】 発明者は、コップに氷を入れて、そのコップの半分まで日本酒を入れ、それにコーラを注ぎ込んでコップを満たし、攪拌棒でかき混ぜた。こうしてできた酒コーラを、毎晩5杯づつ4週間にわたって試飲してみた。
【0007】
【発明の効果】 酒コーラは、美味しい。飽きることなくのむことができ、いわば、「がぶ飲みできるカクテル」である。相等量飲んでも、酔い心地はおだやかである。酒コーラを継続的に試飲した結果は、悪酔いすること無く、朝はすっきり気持ち良く目覚め、酒臭いことも無かった。又この間に、つまみとして刺身類から肉類まで食合わせを試みたところ、洋の東西の料理にも合うことが確認された。効果のひとつとして、予期しなかったことであるが、明け方の夢がある。ほとんど毎朝のように夢を見るのである。それも明瞭で物語りのある、色つきの夢を見るである。
酒コーラ
2009-06-08 (via plasticdreams, nemoi) (via yaz1966) (via poochin) (via kuroneko029) (via nemoi) (via hellisinyourbrain) (via yellowblog) (via mnky)

知っておきたい世界のネットの笑い方
日本 www
アメリカ lol
スペイン mdr
フランス mdr ptdr
スウェーデン asg
ドイツ ggg
デンマーク ggg
アフガニスタン mkm
タイ 555
中国 哈哈哈
韓国 kkk
フィリピン Jejeje
————————————————————————-


lol→Laugh Out Loud(大笑い)
mdr→multe da ridoj(とても笑う)
mdr→mort de rire(死ぬほど笑う)
ptdr→pété de rire(死ぬほど笑う)
asg→asgarv(大爆笑)
ggg→gはgrinsen(笑顔)の頭文字
mkm→ma khanda mikonom(私は笑っている)
555→タイ語では「5」を「Ha」と読むため
哈哈哈→「ハハハ」と読むため
kkk→「ククク…」という笑い声を表現しているよう。ハングル表記だと「ㅋㅋㅋ(kkk)」となります
Jejeje→「J」を「H」と発音するのでハハハに近いそうです

いじょうです〜

Twitter / kamo1023 (via maido3)

アジアはオノマトペで、ほかは説明的なのかね

(via ishibashi)

happyfig:

stop:

What is going on?

A good time

happyfig:

stop:

What is going on?

A good time

ある人が古くさい高級腕時計メーカーの社長になったとしましょう。
その新社長は、会社の資料ひっくり返して、大昔に作った限定品とか、持てる技術を注ぎ込んだ一品物とかの
資料を探すんです。

で、これはと思った物を見つけたら、その持ち主を探偵とかに頼んで捜すんですね。
それで運良く持ち主の高級腕時計コレクターを見つけたら、売ってくれ、とは頼まないんです。
オークションに出してくれ、と頼むのです。
そしてオークションに出されたら10億円とかスゴイ値段で落札するのです。

もちろんそれは世界中で大ニュースになりますよね。
史上最高額の腕時計!と。
10億円元の持ち主に払いましたが、あとはただで自社を宣伝してくれるのです。

そしてその後、その落札した高級腕時計のレプリカを、500万円で限定500セットとかで売り出すのです。
世界中でニュースになった物なのに、たった500セットなら簡単に売り切れますよね。
で500万円×500セットで、25億円懐に入るのです。
さっきの10億円の投資は回収できましたね。

ブランドとは歴史や伝統が作る物、ではないのです。
こうやってステマっぽいやり方ででっち上げる物なのですよ。

過コピペ@2ch タブーかもしれないコピペ集 披露宴でのタブー 他 (via growmoss)
さてアフリカで発祥したとされる人類は、長い長い時間を掛けて世界中に拡散しました。日本は、アジアに向かった人類の最終到着地だったと推察されます。

中国大陸と日本の間には海があります。航空・船舶技術の発達した現在ではさほどでもありませんが、人工的な動力機関を持たない古代には、この海は極めて大きな障壁でした。このことに異論を唱える人はいないでしょう。

すると、日本に渡ってきた人々とは、この極めて大きな障壁を突破してきた人々とも言えます。事故などで偶然、波風に乗せられ運ばれ流されてきたという人もいなくはないでしょうが、意思を持って海を乗り越えてきた人々の方が圧倒的に多かったでしょう。

この極めて大きな障壁を乗り越えるには、意思だけではなく、ある程度の、その当時としては最先端の知識や技術が必要であったはずです。と言うか、ある程度の知識や技術のなかった人々の多くは、海の藻屑となったでしょう。

ある意味、この海が支那や朝鮮半島に残った人々と、日本に渡り来た人々とを選別することになったのではないでしょうか。

特に朝鮮半島は、決して恵まれた土地とは言えません。それがために、領土的野心の猛烈な支那でさえ、あえて朝鮮半島を自国に組み入れようとはしませんでした。

そういう土地に満足出来なかった人々は、来た道を引き返し、既に多数の競争者の居る大陸内での勝ち抜き戦に参加するか、さもなければ先住者のいない、あるかないかも定かでないフロンティアを目指して、未知の海に漕ぎ出だしました。

当時はまだ、国も民族もありません。その中である限りの知恵と勇気を振り絞り、更に幸運に恵まれた人々だけが日本列島に到達出来たのでしょう。日本列島で人類が発祥していない以上、例外なくそういう人々が、現在の日本人の祖先であることは間違いありません。

現在の韓国人は、日本人を「ウリが文化を伝え教えてやらなければ、チョッパリなど今でも未開な野蛮人なのだ」と言いますが、実は日本列島に渡り来た人々よりも、朝鮮に残った人々の方が、知恵も勇気もない怠惰な人々だったのではないでしょうか。

近い距離にあり且つ地続きの中国は、大朝鮮と揶揄される程度には朝鮮と似ているところがありますが、近いながらも海を隔てた日本と朝鮮の人々が、真逆と言っていいほど異なるのが、その証左と言えなくはないだろうかということを、古代日本史に関する本を読みながら考えた次第です。
( #`ハ´) 「よその国が、日本と中国の問題に口をはさむなアル」
(´・ω・`)  「台湾は他所の国 ?」
( #`ハ´) 「あっ」

( #`ハ´) 「訂正するアル。台湾は、中国そのものアル」
(´・ω・`)  「中国が“尖閣諸島は日本のもの”と発言したの?」
( #`ハ´) 「あっ」

博多大吉:それで僕と華丸は、ゲームしてたんですよ。僕は、妖怪ウォッチで妖怪を捕まえてて、華丸さんは、iPadで、コマーシャルで観たお姫様が蹴飛ばすみたいなゲームやってて(笑)

赤江珠緒:はい。

博多大吉:2人、無言でやってて。でも、これはいつもやってることで、どんな方とロケバス一緒になっても、特に女性と一緒の時は、場がもたないから、2人ともゲームしてるんですね(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)ヒドイ(笑)

博多大吉:そしたら、田中みな実アナが、振り返ってきたんですよ。「振り返ってきたな」っていうのは、視線感じるから分かるじゃないですか。でも、別に話すこともないし、「なんとか早くロケ始まりますように」って思ってたら、僕と華丸を見た後に、なんて言ったと思います?

赤江珠緒:「楽しいですか?」ですかね。

博多大吉:普通、僕が考えるに、「何のゲームやってるんですか?」じゃないですかね。それこそ「楽しいですか?」ですよね。

赤江珠緒:「それ面白いですか?」ってね。

博多大吉:普通、そうじゃないですか。でも、第一声が、「がっかりしました」って言ってきたんです。「はい?何か?」って言ったら、「大人なのに、ゲームするんですね」って。

赤江珠緒:あぁ。

博多大吉:「ゲーム、するよ」って言ったら、「いや、私はゲームとかは子供のモノで、大人はこういうことしないと思ったので」って言われて。

赤江珠緒:「ケンカ売ってんのか?」ってならなかったんですか?

博多大吉:いやいや(笑)そのときに言ったのが、「ちょっとガッカリですねぇ。こんな姿見たくなかったなぁ」って言われたんですね。その言い方、声のトーン、そう言いながらの目配せ。この女子力を通して、「こんな姿見たくなかった」って言われると、「見たい姿があったのか?」って。

赤江珠緒:え?そっち?

博多大吉:「俺たちのこと、好きなのかな?」って。

赤江珠緒:なるほど(笑)

博多大吉:そう思っちゃうんですよ。なるんです。意味分かんないかもしれませんけど、それくらいの人なんですよ。

明治時代に結論が出た問題。

高等教育を自国語だけで行える国だけが先進国になる。

英語の習得がプラスになるならまだしも、
英語が習得できないとマイナスになる社会はもはや日本じゃない。